カンジタ症の症状と検査

カンジタは病院に行かなくても治るの?

カンジタはもともと誰の体の中にもある菌で、膣内にも常に存在しています。健康な身体の状態であれば、膣内にある善玉菌の力で常に殺菌洗浄している状態にあるので、症状が軽い場合はカンジタの自然治癒も可能です。しかし、症状が重くなっておりものが多くなったり、かゆみや臭いが強くなったりするようであれば、カンジタの自然治癒は難しくなります。症状が重くなったら早めに病院に行って、カンジタ検査を受けてから治療を受けた方がいいでしょう。病院では膣内をよく洗浄してくれて、カンジタを抑える薬を膣の中に入れます。外陰部のかゆみについては、塗り薬が処方されますが、病院に行かずに自己判断でデリケートゾーン用のかゆみ止めなどを薬局で購入して使うと、かえって悪化することがあるので要注意です。カンジタの自然治癒はあくまでも症状が軽い場合のみです。カンジタの症状が気になりはじめたら、病院に行って診察を受け、薬を処方してもらったほうが、はるかに早く確実に治すことができます。

 

もしかしたら、自分がカンジタになっているのではないかと心配している人もいるでしょう。カンジタの検査は病院の性病科や婦人科で受けることができます。他には、自宅でも検査が可能なカンジタの検査キットを利用すると便利だと思います。カンジタ検査キットを扱っている通販サイトには、宅配ドクターやセルシーフィット、STDチェッカーなどがあります。カンジタ検査の単品の他にも、HIVやトリコモナスなどの性病検査とセットになっている商品もあります。特徴的なのは、女性向けやカップル向けの検査キットがセットになったものがあります。